3月10日(日) BS日テレ「財部ビジネス研究所」

特集
【スポーツビジネスの今】

2月24日、第7回東京マラソンが開催された。
申し込み総数は30万人を超え、出場の抽選倍率は10倍以上。
今や社会現象とさえ言われるランニングブーム
市民ランナーから絶大な人気を博す月刊誌「ランナーズ」を
発行する株式会社アールビーズは、出版業という枠から飛び出し、
全国各地のマラソン大会に欠かせない企業として業態変化を
続けている。
アールビーズを通して、マラソン大会運営の裏側を取材する。

「ランニング」とともに現在人気が高まっているのが「登山」。
山ガールと呼ばれる若い女性の登場を代表するように
幅広い層から支持を集め、登山人口、市場規模ともに右肩上がり。
そんな登山人気を黎明期から牽引する
老舗アウトドアメーカー「モンベル」の取り組みに注目する。

「観るスポーツ」から「DO(する)スポーツ」の
時代へと変わりゆくスポーツビジネスの今に迫る!
 
 
百年企業に学べ!
【ヤシマ工業株式会社】

2012年12月、
9人もの死者を出した「笹子トンネル天井板崩落事故」。
いかなる建造物でも点検やメンテナンスが
必要不可欠であることを強く認識する契機となった…。

そこで今回、経済ジャーナリスト・内田裕子が注目したのは
マンションやビルの補修はメイン事業とする
創業1804年(江戸後期)のヤシマ工業株式会社。
伝統的国産塗料、『柿渋(かきしぶ)』の問屋から
マンションリニューアル事業へと大きく変身を遂げた。
200年企業の常に先を見据える経営戦略の極意とは!?
 
 
放送は3月10日(日)9時00分~9時54分、
再放送は3月17日(日)9時00分~9時54分

番組の詳細はこちら