3月24日(日) BS日テレ「財部ビジネス研究所」

地方経済シリーズ
【富山】

立山連峰に抱かれ、
豊富な水資源をいかんなく活用することで、
多くの産業が育ち日本海側最大級の
工業集積地となった富山。

今回、財部が最初に訪れたのは、
アルミ製品のトップメーカー三協立山株式会社。
昨年10月完成した東京駅の復原工事にも、
三協立山製のアルミサッシが窓枠に採用された。
その厳しい審査基準を乗り越えることができた
確かな技術の本質に迫った。

続いてはウォータージェットポンプで名高いスギノマシン。
世界中で使われるハイパーマシンの会社が、
そのノウハウを活かし、医薬との連携に取り組んだ。

そして、公共交通を軸としたコンパクトな街づくりを掲げる
富山市。
その主軸として開業されたのが次世代型の路面電車
「富山ライトレール」
赤字だった路線を、黒字の路線に変えたシステム。
そこには全国の自治体も注目する交通改革があった。

2015年春、北陸新幹線の開業を控え
ますます活気を帯び始める富山経済の最前線に迫る。
 
 
放送は3月24日(日)9時00分~9時54分、
再放送は3月31日(日)9時00分~9時54分

番組の詳細はこちら