5月19日(日) BS日テレ「財部ビジネス研究所」

 


特集
【ブライダルビジネス最前線2013】

ウェディングドレスをまとった花嫁に、華やかな挙式。
6月と言えば「ジューンブライド」をイメージする人も
少なくない。
だが現在、挙式をするカップルの割合は減少傾向にある。
厚労省の調査によると、2011年に結婚したカップルは約67万組。
経産省による挙式件数データは約35万件。
つまり、結婚をするカップルのおよそ半分が結婚式を挙げない、
すなわち「ナシ婚」の時代なのである。
そんな中、ブライダル事業で飛躍する2つの企業がある。

~ポジティブドリームパーソンズ~
現在、ウェディング事業を中心に急成長するこの会社は、
年間2500~2600組の挙式を担当し、招待客を含めると
約15~16万人のお客様と接点を持つという。
成長のキーワードは「生涯顧客」。その秘訣とは?

~レック~
今話題の、6万5千円から挙げられる「小さな結婚式」。
驚くべき低価格挙式を実現させたのが、レックの高橋社長。
阪神大震災で被災をした彼女は、結婚式のデザインアルバムを
日本で初めて持ち込んだことで会社を立て直した。
現在、全国的に広がりつつある低価格挙式はいかなるものなのか?
実際の挙式に密着取材した!
 

百年企業に学べ!
【株式会社 伊東屋】

銀座の一等地に店を構えて、来年で110周年を迎える
文具の老舗・伊東屋。
創業時から、まだ馴染みのなかった輸入文具を販売し、
顧客第一をモットーに文具専門店としての地位を築いてきた。
5代目の伊藤明社長は、ネットショッピング隆盛のこの時代に
攻めの姿勢を打ち出し、ここ数年で様々なスタイルの支店を
次々にオープンさせている。
 

放送は5月19日(日)9時00分~9時54分、
再放送は5月26日(日)9時00分~9時54分

番組の詳細はこちら