7月14日(日) BS日テレ「財部ビジネス研究所」

 


特集
【アミューズメントビジネス 】

バブルの頃、全国各地にオープンした遊園地やテーマパークが、
2000年ころから次々と経営破綻し、閉園に追い込まれている。
しかし、そんな中で集客を伸ばすテーマパークも確かにある。

ハローキティでお馴染み、開園23年のサンリオピューロランドは
近年その他のアミューズメント施設同様、
入場者数が右肩下がりと厳しい状態だったが、
ここにきて今期は開園以来の営業黒字となる見込みだという。
好調の背景には一体何があるのだろうか…?

また、20代~30代と比較的若い世代から
市民権を得始めている「リアル脱出ゲーム」にも注目!
2次元の世界ではなく、自分の体をインターフェイスにした
体験型謎解きゲームに山下美穂子アナウンサーが潜入取材!
新感覚の「悔しい」エンターテインメントの正体を探る。

頭をフル稼働させる「リアル脱出ゲーム」に対して
自然の中での本格的なアスレチック体験が売りの
「フォレストアドベンチャー」には
経済ジャーナリスト・内田裕子が文字通りの体当たり取材を敢行。
フランスからノウハウを輸入することで
2006年に初めて登場した「森のレジャー施設」は
現在全国13か所で展開され、いずれも黒字経営だという。

飽きられてしまうと後がないエンタメ業界…
アミューズメントビジネス成功の鍵を探る!

 

放送は7月14日(日)9時00分~9時54分、
再放送は7月21日(日)9時00分~9時54分

番組の詳細はこちら