3月17日(土) BS日テレ「財部ビジネス研究所」

TBL特集
【変わりゆく人材戦略〜日本型組織からの脱却〜】

最近、相次いで発覚した、企業トップによる不祥事。
その原因のひとつは、
トップの指示には当然従うといった事なかれ主義や、
ミスをしないものが出世する減点方式の人事評価だ。
高度成長を支えた年功序列や終身雇用は、すでに崩壊。
その一方で一時流行した欧米型の成果主義にも限界が…。
そんな中、いま求められる人材戦略とは?

グループ売上高の90%以上を
国内市場に依存しているアサヒビールでは、
海外事業比率を大幅に引き上げるために
社員のグローバル化を試みる動きが!

新社長は新卒内定者!?
インターネット事業会社サイバーエージェントは
新卒内定者をいきなり子会社の社長に抜擢した。
驚きの人事、そこには人材育成としての明確な狙いがあった。

変わり行くニッポンの人材戦略。
その最前線に迫る!


百年企業に学べ!
【株式会社セラリカNODA】

大正元年からちょうど100年目となる今年。
創業100周年を迎える企業がなんと1854社も存在する。
世界でも有数の「長寿企業」大国であるニッポン。
景気の荒波やニーズの変化、様々な困難を乗り越え、
生き抜いてきた老舗企業の極意に
経済ジャーナリスト・内田裕子が迫る新コーナー!
第一回目は江戸時代末の1832年創業の「セラリカNODA」
ロウソクなどの原料となる天然ロウ精製業の会社である。
天然ロウの用途拡大で時代を生き抜いてきた。
そのイノベーションの歴史を探る!

放送は3月17日(土)23時00分~23時54分、
再放送は3月18日(日)9時00分~9時54分、
3月24日(土)23時00分~23時54分、
3月25日(日)9時00分~9時54分

番組の詳細はこちら