6月10日(日) BS日テレ「財部ビジネス研究所」

特集
【宣伝の力】

これまで企業の宣伝とは、「製品やサービスの社会的認知」
を目的に、テレビや新聞を通して行われることが
ほとんどだった。
しかし昨今それは、「PRという形での企業理念の具現化」
「PRという形での社会貢献」と、様々な目的が存在し、
さらには「製品そのものがPR媒体になっている」
「口コミの力によるPR」と、手法も多様化してきた。

誰しもが知っているエステーの「消臭力」のCM。
このCMを手掛けたのが、
エステー株式会社、特命宣伝部長の鹿毛康司氏である。
手法にとらわれず心に残るCMを作りたい!
と、日々試行錯誤を繰り返している。
そんな鹿毛に経済ジャーナリストの財部が迫った!
「雪印の不祥事が私の原点です。」
元雪印社員の鹿毛。果たして鹿毛の言う原点とは?
注目の新刊「愛されるアイデアのつくり方」
鹿毛の初めての書籍である。
ここに書かれているエステー式の「究極の発想法」とは?
「消臭力」のCM。ポルトガルのリスボンでの撮影。
このCMが作られた、意外な裏側とは?

2003年、廃線の危機に追い込まれた和歌山県のローカル線。
「わかやま電鐵貴志川線」
それは困ると、存続に立ち上がった住民たち。
その存続をかけた住民たちの運動とは?
そして大手から経営を引き継いだ交通再生人と岡山の両備グループ。
その立て直しの手段は想像をはるかに超えていた。
どんな手段をとって貴志川線を再生したのか?

今回はヒットの仕掛け人と宣伝の持つ力に迫る!

放送は6月10日(日)9時00分~9時54分、
再放送は6月24日(日)9時00分~9時54分

番組の詳細はこちら