7月29日(日) BS日テレ「財部ビジネス研究所」

特集
【動き始めた東北】

東日本大震災直後から継続的に被災地の動きを取材してきたTBL。
未だ復興事業に見通しがつかない中、
立ち上がった中小民間企業に今回は注目した。

「東北の製造業の下支えを担いたい…」
社長の熱き想いから、あえて福島県いわき市に
新工場を設立し、現地採用に尽力する愛知県の中小企業。
しかし、周囲の風当たりは強かった…。

津波に町を飲み込まれ、人口が4300人から1000人にまで
減少してしまった宮城県石巻市雄勝町では
残った養殖業の漁師たちが新たな漁業流通システムを
作り上げるため、東京から来た食品流通のプロと手を組んでいた!

東北再生のカギは見つかるだろうか!?
震災から1年と4か月、被災地の暑い夏に迫った。


百年企業に学べ!
【月桂冠】

今回は、1637年(寛永14年)創業の
千年の都・京都の酒造メーカーとして全国に知られる
「月桂冠株式会社」をピックアップ!

業界初、防腐剤の入っていない瓶詰めのお酒の販売や、
駅売り酒としてコップ付き小ビンを導入したりと、
伏見の小さな地酒屋からイノベーションを続け、
名門酒造メーカーとしての地位を確立していった。
さらに、「常に革新を続ける」という企業理念を体現する
総合研究所では、お酒の分野以外にも技術が及んでいた!

老舗企業の伝統と革新に経済ジャーナリスト・内田裕子が迫る。

放送は7月29日(日)9時00分~9時54分、
再放送は8月5日(日)9時00分~9時54分

番組の詳細はこちら