12月2日(日) BS日テレ「財部ビジネス研究所」

特集
【百年企業スペシャル】

今年、番組が取材してきた百年企業の数々。
かつお節一筋の「にんべん」、京都の清酒メーカー「月桂冠」
懐石料亭「菊乃井」、寝具製造卸売の「西川産業」、
墨・書道用具メーカー「呉竹」など
各社伝統を守りながらも革新への挑戦を重ね、
次の時代へと生き延びるための知恵を持っていた。
今回、改めてその神髄を一挙公開!

そして、日本が世界に誇る楽器メーカー・ヤマハ株式会社にも
経済ジャーナリスト・内田裕子が新たに取材。
創業は1887年。ピアノの国産化に初めて成功して以来、
常に先陣を切り、日本の楽器業界を牽引。
たて笛、ピアニカ、ハーモニカと
学校教育用の楽器でもヤマハブランドが浸透するなど
会社の歴史がそのまま日本の音楽史と言っても過言ではない。
現在では世界全体の楽器製造シェアで
なんと約25パーセントを占めるという。

しかし、そんなヤマハも日本経済の低迷や少子化の影響を受け、
徐々に収益率が低下。ここ5年の売上高は右肩下がりだ。
多角化した楽器製造以外の事業分野の見直しなど、
企業として転換期を迎えている。
巻き返しを図るべく、ヤマハが注力する「大人の音楽教室」や
音の新技術を用いたデジタルサービスなどに迫る。
又、楽器メーカーと、地域に根付く特約店の知られざる関係性も解説。


放送は12月2日(日)9時00分~9時54分、
再放送は12月16日(日)9時00分~9時54分

番組の詳細はこちら