[ コーポレートメッセージ ]

この言葉は、株式会社ピー・ディー・ネットワークのコンセプトであり、企業ブランドを示すメッセージであり、そして経営理念です。

[ 行動指針 ]

  1. 出会いを大切にする出会いを大切にする姿勢と行動の継続から、良質なコンテンツは生み出されます。これまでの取材や制作活動の中での出会いと培った人脈が我々の財産になっています。私たちはひとつひとつの出会いを常に大切にします。
  2. より深く知る好奇心を持つことではじめてよい取材ができます。より深く知ろうとする心を持つことで、自ずと相手からもよい情報を提供していただけるものです。私たちは物事を深める面白さを知り、深く知ることを習慣にします。
  3. まじめにつくる私たちが手がけた作品や制作物は、様々な人の目や手に触れることになります。世の中に発表するものを誠実につくること。これは私たちの最も基本とする姿勢です。私たちは常に「よいものを、まじめにつくる」ことを忘れません。
  4. 正しく伝える私たちは制作だけでなく、伝えるところまでを役割と考えます。情報を正しく伝えることは制作者としての責任でもあり、コンテンツの魅力をしっかりと届けることでもあります。私たちは正しい情報をしっかりと伝えることで、世の中の信頼を集めます。

[ 代表者メッセージ ]

株式会社ピー・ディー・ネットワークは、2002 年の設立以来、経済・ドキュメンタリー等のカテゴリで、テレビ番組制作を主事業としてまいりました。近年、インターネットの普及や情報技術の革新とともに、世の中におけるテレビの存在や位置づけもターニングポイントを迎えていると言えます。

その渦中で、私たちは制作会社として、これから世の中にどんな価値を提供できるだろうかと考えてきました。設立以来私たちが大切にしてきたこと、そして時代が進んでいく中でも決して変わることのない想い、そのことをしっかりと企業として表現する必要があると考え、今回、上記のコーポレートメッセージおよびロゴマーク、Web サイトを刷新するに至りました。

私たちの存在意義は、「取材」を起点として良質なコンテンツをつくること、そのコンテンツを通じ、社会と人を丁寧につなぐことです。 株式会社ピー・ディー・ネットワークは、総合コンテンツ制作会社として、これからも価値の高いコンテンツを生み出していきます。

株式会社ピー・ディー・ネットワーク
代表取締役

田辺 裕